あれから6年

2010年10月に、かなり万能なコンビとして、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(36~432mm:F2.7-3.5)か、
S3ISの焦点距離をテレコンつけた状態で、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(217~734mm:F2.7-3.5)がいいとしていた。

それと似た記事を(4年も前に書いていた)を2014年11月に書き、ずっと固定記事としていた。
その頃に発売されていた下記のデジカメを、
PowerShot SX30IS(24~840mm:F2.7-5.8)・・・PowerShot SX40HSも同じ
をいいなぁと書いていたが、本体が大きく普段持ち歩かなくなるだろうと、単三電池電源でないので、買うのをためらっていた。

以前に調べた風景写真と焦点距離(2008年5月)でわかった焦点距離。
Syotenkyori

しかし、PowerShotS3ISの調子が悪くなったのと、後継機種が出て、PowerShotSX710HS(25~750mm:F3.2-6.9)の値段が下がったので、2016年3月に買った。
ふと気づくと、2010年10月に思った、広角28mmから望遠734mmまで撮れて、PowerShot SX30IS他のような大きくないサイズのデジカメをとうとう買ったことに気づいた。
連写も速く、PowerShotSX130ISより最高ISOが高いので、PowerShotSX710HSの1台を持ち歩けばいいのかも?と思った。
しかし、PowerShotSX710HSは、専用バッテリーで撮影枚数は約230枚で、PowerShotSX130ISは、単三電池電源でエネループ使用の撮影枚数は約370枚だった。
エネループは何本も所有しているので、本体含めて6本を持ち歩くと、1000枚以上撮れる。
PowerShotSX710HSの専用バッテリー(NB-6LH)は、Canon純正で3600円するし、互換バッテリーも約1000円だった。
だから今後も、PowerShotSX130ISを風景などにメインで使い、マクロと望遠と高感度ISOに強いPowerShotSX710HSは花・鳥などを撮ろうと思う。

Sx130sx710hs

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

ツイートより(2018/6/14)

青い花、K-50(70-300)で撮影、黄色い花、K-50(70-300)で撮影
180429_201 180429_228
赤い花、K-50(70-300)で撮影
180429_231

世の中の多くの人が、ツイートの画像をスマホで見ているのは分かっている。
でも、スマホを所有する2017年4月まで、PCの画面で写真垢のツイート画像を見ていた自分には、横幅52mmの画像はじっくり眺める気になれないので、夜にPCで写真垢のツイート画像を眺めていることがほとんど。
180607_01
新緑、K-50(18-200)で撮影、桃色の花、K-50(70-300)で撮影
180421_014 180429_196

オレンジ色の花、K-50(90macro)で撮影、パンジー?、K-50(90macro)で撮影
180429_239 180501_19
桃色の花、K-50(90macro)で撮影
180501_33

オレンジ色の花、K-50(90macro)で撮影、黄色の花、K-50(90macro)で撮影
170723_04 180429_243
あじさい、PowerShotSX710HS で撮影
180602_03

赤い花、K-50(90macro)で撮影、オレンジ色の花、K-50(90macro)で撮影
180501_22 180501_27
桃色の花、K-50(90macro)で撮影
180501_30

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

いたずらが楽しくて

先日の中日新聞に、ニシゴリラの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180528zoo

 麻布に身を包み、何を思っているのだろう。
その姿からは、フェルメールの絵画のような静けさが漂う。
 でも、それはほんの一瞬。
この麻布、もともとは寝床に敷く麻袋。
びりびれと破いたり」頭にかぶって遊んだり。
5歳でやんちゃ盛りの雄キヨマサにとっては格好の遊び道具だ。
 キヨマサは仲間にちょっかいを出すのが大好き。
10歳離れた姉アイの背中に無理やり乗っかったり、鉄のえさ籠を天井にぶつけては大きな音でみんなを驚かせたり。
時にはリーダーのシャバーニに怒られながら、わんばくに育っている。

ニシゴリラ
霊長目ショウジョウ科ゴリラ属。
生息地はアフリカの熱帯雨林で絶滅危倶種。
雄は群れのリーダーになると、背中の毛が銀白色(シルバーバック)になる。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

«ツイートより(2018/6/6)