あれから6年

2010年10月に、かなり万能なコンビとして、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(36~432mm:F2.7-3.5)か、
S3ISの焦点距離をテレコンつけた状態で、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(217~734mm:F2.7-3.5)がいいとしていた。

それと似た記事を(4年も前に書いていた)を2014年11月に書き、ずっと固定記事としていた。
その頃に発売されていた下記のデジカメを、
PowerShot SX30IS(24~840mm:F2.7-5.8)・・・PowerShot SX40HSも同じ
をいいなぁと書いていたが、本体が大きく普段持ち歩かなくなるだろうと、単三電池電源でないので、買うのをためらっていた。

以前に調べた風景写真と焦点距離(2008年5月)でわかった焦点距離。
Syotenkyori

しかし、PowerShotS3ISの調子が悪くなったのと、後継機種が出て、PowerShotSX710HS(25~750mm:F3.2-6.9)の値段が下がったので、2016年3月に買った。
ふと気づくと、2010年10月に思った、広角28mmから望遠734mmまで撮れて、PowerShot SX30IS他のような大きくないサイズのデジカメをとうとう買ったことに気づいた。
連写も速く、PowerShotSX130ISより最高ISOが高いので、PowerShotSX710HSの1台を持ち歩けばいいのかも?と思った。
しかし、PowerShotSX710HSは、専用バッテリーで撮影枚数は約230枚で、PowerShotSX130ISは、単三電池電源でエネループ使用の撮影枚数は約370枚だった。
エネループは何本も所有しているので、本体含めて6本を持ち歩くと、1000枚以上撮れる。
PowerShotSX710HSの専用バッテリー(NB-6LH)は、Canon純正で3600円するし、互換バッテリーも約1000円だった。
だから今後も、PowerShotSX130ISを風景などにメインで使い、マクロと望遠と高感度ISOに強いPowerShotSX710HSは花・鳥などを撮ろうと思う。

Sx130sx710hs

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

ツイートより(2017/7/25)

チョウトンボ、PowerShotSX710HSで撮影
背景がすっきりしていないし、マイナス露出補正してチョウトンボをもう少し黒色にしたかった・・・
170709_094 170709_118
背景はすっきりしているけど、チョウトンボを黒色にするにはマイナス露出補正しないと・・・
チョウトンボ、PowerShotSX710HSで撮影
170709_121
背景はすっきりしていないけど、チョウトンボはこのくらい黒色。

トンボ(白)、PowerShotSX710HSで撮影、トンボ(赤)、PowerShotSX710HSで撮影
170709_083 170709_092
チョウトンボ、PowerShotSX710HSで撮影、トンボ(黄)、PowerShotSX710HSで撮影
170709_104 170709_112

トンボ(白)、PowerShotSX710HSで撮影、トンボ(赤)、PowerShotSX710HSで撮影
170709_082 170709_055
チョウトンボ、PowerShotSX710HSで撮影、トンボ(黄)、PowerShotSX710HSで撮影
170709_122 170709_114

黄色の花、K200D(18-200)で撮影、クマバチ、PowerShotSX710HSで撮影
170709_042 170709_093

白色の花、K200D(18-200)で撮影、トンボ(白と赤)、PowerShotSX710HSで撮影
170709_010 170709_113
この構図を狙っていたけど、どちらかのトンボが飛んでいってしまうことがほとんどでなかなか撮れなかった。

コンデジもデジイチもJpegで撮って、撮影時にホワイトバランスと露出補正をするだけで、撮影後に色合いの調整はしない(面倒だから)。PowerShot SX130IS は、それで問題なかったが、PowerShot SX710HS は、黄色の物をアップで撮ると色合いがおかしくなる。
170709hikaku
PowerShot SX710HS で、黄色の物をアップで撮ると色合いがイマイチの件は、マニュアルホワイトバランスで撮っても効果がなかったので、あきらめた。
撮った画像で、RGBの青色(-15)と赤色(+10)を調整するのが、一番面倒でない気がする。
170709tyosei
黄色のハス、PowerShotSX710HSで撮影、土用うなぎ丑の日、PowerShotSX710HSで撮影
170709_077 170725_01
うなぎ供養で休みだった。

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

赤ちゃん泳ぎ 今が見頃

先日の中日新聞に、アメリカビーバーとカリフォルニアアシカの赤ちゃんの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170717zoo

 千種区の東山動植物園で春から夏に生まれた動物の赤ちゃんたちが、プールで元気な姿を見せ、来園者を楽しませている。
5月6日に生まれたアメリカビーバーはガラス越しに愛橋を振りまき、7月3日に生まれたカリフォルニアアシカは泳ぎの練習にチャレンジしている。

 獣舎のプールをスイスイと泳ぎ回り、カメラを向ければ「撮って、撮って」とでも言うように近づいてくる。
生後2ヶ月のアメリカビーバーは、好奇心旺盛だ。
 飼育員の山岸景子さん(37)によれば、アメリカビーバーは野生だと生後2年間は両親と暮らす。
同園でも、伸の良い雄のテリーと雌のチェリー夫婦に、昨年6月に生まれた2頭と今年生まれた末っ子が一緒にいる。
 冬は巣にこもり、開園時間中はなかなか行勤している姿が見えづらいが、この時期は午後1-3時ごろに泳ぎ姿が見られることが多いという。
山岸さんは「これから活動時間が早くなりそうで、観察するには良い季節」と話す。
一方、必死に前脚をばたつかせ、立ち泳ぎで頑張っているのがカリフォルニアアシカの赤ちゃんだ。
 水中の達人といえど、満足に泳げるようになるには3週間ほどかかるという。
活発な性格で11日ごろから練習を始めたが、水に入るたび母ルルが心配して陸に連れ戻したり、周囲のアシカが面白そうに近づいたりしている。
 飼育員の山部桂子さん(35)は「期間限定の、ぎこちないけどかわいらしい姿を見に来て」と来園を呼び掛けた。
アシカのプールでは他に6月8日と16日生まれの赤ちゃんも見られる。
いずれも雄雌が分かり次第、名前を付けるという。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

«ツイートより(2017/7/19)