あれから6年

2010年10月に、かなり万能なコンビとして、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(36~432mm:F2.7-3.5)か、
S3ISの焦点距離をテレコンつけた状態で、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(217~734mm:F2.7-3.5)がいいとしていた。

それと似た記事を(4年も前に書いていた)を2014年11月に書き、ずっと固定記事としていた。
その頃に発売されていた下記のデジカメを、
PowerShot SX30IS(24~840mm:F2.7-5.8)・・・PowerShot SX40HSも同じ
をいいなぁと書いていたが、本体が大きく普段持ち歩かなくなるだろうと、単三電池電源でないので、買うのをためらっていた。

以前に調べた風景写真と焦点距離(2008年5月)でわかった焦点距離。
Syotenkyori

しかし、PowerShotS3ISの調子が悪くなったのと、後継機種が出て、PowerShotSX710HS(25~750mm:F3.2-6.9)の値段が下がったので、2016年3月に買った。
ふと気づくと、2010年10月に思った、広角28mmから望遠734mmまで撮れて、PowerShot SX30IS他のような大きくないサイズのデジカメをとうとう買ったことに気づいた。
連写も速く、PowerShotSX130ISより最高ISOが高いので、PowerShotSX710HSの1台を持ち歩けばいいのかも?と思った。
しかし、PowerShotSX710HSは、専用バッテリーで撮影枚数は約230枚で、PowerShotSX130ISは、単三電池電源でエネループ使用の撮影枚数は約370枚だった。
エネループは何本も所有しているので、本体含めて6本を持ち歩くと、1000枚以上撮れる。
PowerShotSX710HSの専用バッテリー(NB-6LH)は、Canon純正で3600円するし、互換バッテリーも約1000円だった。
だから今後も、PowerShotSX130ISを風景などにメインで使い、マクロと望遠と高感度ISOに強いPowerShotSX710HSは花・鳥などを撮ろうと思う。

Sx130sx710hs

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

レッサーパンダ 再来期待

先日の中日新聞に、レッサーパンダが再来するのに期待という記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170606zoo

 2019年度から千種区の東山動植物園にやってくるレッサーパンダ。
実は1982(昭和57)年以前に園にいた。
当時を知る飼育員木村勝さん(58)は「園でまた飼育できるんだ」と感慨深げ。
「来園者を楽しませてほしい」と願う。
 木村さんは、77(同52)年4月に飼育職員となり、最初に担当したのがヤギやヒツジなどと来園者が触れ合えるこども動物園。
その近くにレッサーパンダ舎があり、雄と雌の2頭がいた。
 当時は見習いのような立場で、親方が餌をやったり、掃除したりするのを見ていた。
主食のリンゴや生卵といった餌を準備し、おやつに園内に生えるササを毎日2・3束取りに行ったのを覚えているという。
「当時は珍しい動物だったから。将来は自分でやりたいなと憧れていた」と振り返る。
 動物の様子を確かめることも仕事だ。
時間が空いたときにはよく見に行ったという。
「明るい茶色の毛並みで目がばっちりして、かわいい顔つきだった」
 ただ、今ほどの人気はなかったという。
隣にはアニメ「あらいぐまラスカル」で人気に火が付いたアライグマが20頭いて「レッサーパンダは寝ていることも多いけど、アライグマは愛橋があるから目立っていた」とも。
 今回のレッサーパンダの導入は木村さんの退職後になる。
当時見習いだった木村さんも今では8人の飼育員をまとめる親方だ。
「意欲のある若い子に担当してほしいね。かわいさを知ってもらうのも飼育員の仕事。子どもたちを楽しませてほしい」。
2年後には、その様子を見に行くつもりだ。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

ツイートより(2017/6/18)

お千代保稲荷、スマホで撮影
2ヶ月前から持ったスマホで撮って、現地からツイートしてみた。
170611_32
自分のスマホのカメラは、手振れ補正機能がないのか効きが悪いのか分からないが、薄暗い時は結構ブレる。
今日ツイートした画像は、スマホのカメラ機能をようやく把握したので、ISOを上げてブレにくくして、露出補正をして撮った。
ISOオートで露出補正しないと、ひどい写真になったから。

アジサイ、スマホで撮影
170612_01

オレンジ色のゆり、K200D(18-200)で撮影
久しぶりに、K200DとタムロンA14(18-200)を外で使った。数ヶ月に1度、日干しする程度だったから。
170611_01 170611_04
黄色のゆり、K200D(18-200)で撮影
170611_05

薄桃色のスイレン、PowerShotSX710HSで撮影、赤色のバラ、K-50(90macro)で撮影
170520_30 170521_085

薄桃色のゆり、K200D(18-200)で撮影
170611_02 170611_06
黄色と赤色のゆり、K200D(18-200)で撮影
170611_15

赤紫色のスイレン、PowerShotSX710HSで撮影、薄紫色のバラ、K-50(90macro)で撮影
170520_40 170521_089

黄色のゆり、K200D(18-200)で撮影
170611_03 170611_10
白色のゆり、K200D(18-200)で撮影
170611_09

赤色のバラ、K-50(90macro)で撮影、白と黄色のゆり、K200D(18-200)で撮影
170521_088 170611_11

| | コメント (0)

«メダカ すみにくい時代