あれから6年

2010年10月に、かなり万能なコンビとして、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(36~432mm:F2.7-3.5)か、
S3ISの焦点距離をテレコンつけた状態で、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(217~734mm:F2.7-3.5)がいいとしていた。

それと似た記事を(4年も前に書いていた)を2014年11月に書き、ずっと固定記事としていた。
その頃に発売されていた下記のデジカメを、
PowerShot SX30IS(24~840mm:F2.7-5.8)・・・PowerShot SX40HSも同じ
をいいなぁと書いていたが、本体が大きく普段持ち歩かなくなるだろうと、単三電池電源でないので、買うのをためらっていた。

以前に調べた風景写真と焦点距離(2008年5月)でわかった焦点距離。
Syotenkyori

しかし、PowerShotS3ISの調子が悪くなったのと、後継機種が出て、PowerShotSX710HS(25~750mm:F3.2-6.9)の値段が下がったので、2016年3月に買った。
ふと気づくと、2010年10月に思った、広角28mmから望遠734mmまで撮れて、PowerShot SX30IS他のような大きくないサイズのデジカメをとうとう買ったことに気づいた。
連写も速く、PowerShotSX130ISより最高ISOが高いので、PowerShotSX710HSの1台を持ち歩けばいいのかも?と思った。
しかし、PowerShotSX710HSは、専用バッテリーで撮影枚数は約230枚で、PowerShotSX130ISは、単三電池電源でエネループ使用の撮影枚数は約370枚だった。
エネループは何本も所有しているので、本体含めて6本を持ち歩くと、1000枚以上撮れる。
PowerShotSX710HSの専用バッテリー(NB-6LH)は、Canon純正で3600円するし、互換バッテリーも約1000円だった。
だから今後も、PowerShotSX130ISを風景などにメインで使い、マクロと望遠と高感度ISOに強いPowerShotSX710HSは花・鳥などを撮ろうと思う。

Sx130sx710hs

| | コメント (0)

2017年5月29日 (月)

ツイートより(2017/5/29)

桃色スイレン、PowerShotSX710HSで撮影、赤紫色スイレン、PowerShotSX710HSで撮影
170520_37 170520_46
マクロレンズ付きデジイチ(K-50)を首から下げて、コンデジで撮っていた。
オリンパスのミラーレスカメラで撮っていた人との立ち話で、自分がコンデジで撮ったトンボの画像を見せたら、カメラが小さいのにトンボを大きく撮っていたのに驚いたようで、機種名(PowerShot)を聞いてきた。
トンボ、PowerShotSX710HSで撮影
170520_52
オリンパスのミラーレスカメラで撮っていた人に見せて、その人が驚いた?トンボの画像。
デジタルズームは使っているけど、トリミングなし。

トンボ(後ろ)、PowerShotSX710HSで撮影(動画)
https://youtu.be/pCoF9Xlvp0E

白い花、K-50(90macro)で撮影
170520_23 170520_19
桃色スイレン、PowerShotSX710HSで撮影、黄色のバラ、K-50(90macro)で撮影
170520_34 170521_032

紫色と白い花、K-50(90macro)で撮影、薄黄色のバラ、K-50(90macro)で撮影
170520_73 170521_015
桃色のバラ、K-50(90macro)で撮影
170521_023

赤色のバラ、K-50(90macro)で撮影、白色スイレン、PowerShotSX710HSで撮影
170520_05 170520_44
桃色のバラ、K-50(90macro)で撮影
170521_073

スターウォーズのパンフレット、PowerShotS3ISで撮影
『スター・ウォーズ』にまつわる思い出
エピソード2は、2002年7月に映画館で見たはずだが、なぜかパンフレットを買ってない。
090310_01 Pcwallpaper
スターウォーズ_エピソード3のPC用壁紙
『スター・ウォーズ』にまつわる思い出
2005年8月に映画館で見て、その後にサイトで、壁紙をダウンロードした。

スイレン、PowerShotSX710HSで撮影、薄黄色のバラ、K-50(90macro)で撮影
170520_32 170521_033
トンボ、PowerShotSX710HSで撮影
170520_59

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

石に動物の姿 質感再現

先日の中日新聞に、動物園の元職員が石の作品展を行なう記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

d170521zoo1

170521zoo2 千種区の東山動植物園で20日、元飼育員の湯川滋さん(78)が石にアクリル絵の具で動物の姿を描いた作品展「動物になった石ころ」が始まった。
飼育員ならではの観察眼で、皮膚や毛の質感を忠実に再現している。
 頭部の膨らんだラインが実物そっくりのオオトカゲに、水にぬれた張りのある毛の質感まで伝わるホッキョクグマ。
石にへばりついたアマガエルは今にもジャンプしそうだ。
会場の動物会館には鳥や爬虫類、哺乳類など300種類、300点が並ぶ。
 湯川さんは1957(昭和32)年に同園の臨時飼育員、60年に正職員になった。
以降、類人猿とゾウ以外の生き物を担当したという。
作品は河原で動物に見えそうな石を拾って、描く。
二十数年前に趣味で手掛けるようになり、99年に定年退職してからは本格的に取り組む。
 飼育第2係長の内藤仁美さんは「質感や色合い、しぐさは飼育員ならではの表現力。豊富な知識に裏打ちされた想像力があるから、石を見てさまざまな動物の姿が浮かぶのでしょう」と舌を巻く。
 湯川さんは「細かな肌や毛の質感まで堪能してもらえれば」と来場を呼び掛けている。
28日まで。22日は休園。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

«ツイートより(2017/5/24)