あれから6年

2010年10月に、かなり万能なコンビとして、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(36~432mm:F2.7-3.5)か、
S3ISの焦点距離をテレコンつけた状態で、
PowerShotSX130IS(28~336mm:F3.4-5.6)とPowerShotS3IS(217~734mm:F2.7-3.5)がいいとしていた。

それと似た記事を(4年も前に書いていた)を2014年11月に書き、ずっと固定記事としていた。
その頃に発売されていた下記のデジカメを、
PowerShot SX30IS(24~840mm:F2.7-5.8)・・・PowerShot SX40HSも同じ
をいいなぁと書いていたが、本体が大きく普段持ち歩かなくなるだろうと、単三電池電源でないので、買うのをためらっていた。

以前に調べた風景写真と焦点距離(2008年5月)でわかった焦点距離。
Syotenkyori

しかし、PowerShotS3ISの調子が悪くなったのと、後継機種が出て、PowerShotSX710HS(25~750mm:F3.2-6.9)の値段が下がったので、2016年3月に買った。
ふと気づくと、2010年10月に思った、広角28mmから望遠734mmまで撮れて、PowerShot SX30IS他のような大きくないサイズのデジカメをとうとう買ったことに気づいた。
連写も速く、PowerShotSX130ISより最高ISOが高いので、PowerShotSX710HSの1台を持ち歩けばいいのかも?と思った。
しかし、PowerShotSX710HSは、専用バッテリーで撮影枚数は約230枚で、PowerShotSX130ISは、単三電池電源でエネループ使用の撮影枚数は約370枚だった。
エネループは何本も所有しているので、本体含めて6本を持ち歩くと、1000枚以上撮れる。
PowerShotSX710HSの専用バッテリー(NB-6LH)は、Canon純正で3600円するし、互換バッテリーも約1000円だった。
だから今後も、PowerShotSX130ISを風景などにメインで使い、マクロと望遠と高感度ISOに強いPowerShotSX710HSは花・鳥などを撮ろうと思う。

Sx130sx710hs

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

早春彩るフクジュソウ

先日の中日新聞に、フクジュソウの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180207zoo

 フクジュソウは、早春に黄金色の花を咲かせる多年草です。
一般的な開花は2月から3月ですが、例年年末には正月に咲くように促成栽培された株が店頭に並びます。
早春に開花、梅雨のころには葉を落とし、長い休眠に入る代表的な早春植物です。
ちょうど旧暦の正月の頃に花を咲かせることから正月花、元日草、歳旦章とも呼ばれています。
 フクジュソウの花は、暖かい日差しとともに開花して、夕方には寒さから身を守るため花を閉じます。
毎日開閉を繰り返しながら大きく開いていきます。
鉢植えで花を長く楽しむには、昼夜の温度差が小さく、風通しの良い場所で、柔らかな日差しのもとで咲かせます。
昼間の温度が高いと一気に花茎が伸びてしまうため、花が散るのも早くなってしまいます。
病害虫予防のためにも高温多湿にならないように注意します。
 フクジュソウは庭に構えてもよく育ちます。
植える場所は直射日光を避けて、落葉樹の下のような木漏れ日の当たる半日陰を選び、寒さで芽が傷まないように自然に落ち葉がかかる場所がよいでしょう。
あとは自然まかせで大丈夫です。
早春には開花して順調に育てば、そのまま芽数が増えて毎年花を楽しませてくれます。
 花の色は基本的に黄色ですが、最近は品種改良により白花、紅花などもあり、咲き方もー重だけでなく八重もあります。
 またフクジュソウには長寿菊、福神草、報香花など他にも数多くの別名があります。
東山植物園では也有園で見ることができます。
おめでたい名前のつくフクジュソウです。
皆さまもー度育ててみてはいかがでしょうか。
 太田幹夫(東山動植物園緑地造園係長)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

HPのノートPCを買った

Hp15bw000
先日にHPダイレクトで注文したノートPC(HP_15-bw000)が、届いた。
ノートPC(HP_15-bw000)を買った理由は、下記の通り。
 ネットの知り合いが、macのノートPCが壊れて、ノートPC(HP_15-bw000)を買ったと知り、自分が今のノートPC(dynabook T552/36F PT55236FBFB)を買った日を調べたら、2012年9月下旬で、5年半も使っていた。
これまでのノートPCが、約4年ごと(2004年7月購入 → 2008年10月購入 → 2012年9月購入)に壊れていたから、まさかの時に慌てないために、ノートPC(HP_15-bw000)を買うことにした。
ただ、このノートPC(HP_15-bw000)で良いのか分からなかったので、HP 15-bw000を本音でレビュー! フルHDで3万円台からの格安モデルを徹底チェックという記事を見つけて読んだ。
それで、メモリを4GBから8GBにした。
必要なexcelとwordが含まれているOffice Personal Premiumを選び、よく分からずにリカバリーCDも注文して、合計額が6万円弱になった。

180216tirasi
家電量販店のチラシの安いノートPC(Lenovo ideapad320)より値段が少し安かったので、注文した。
後で確認したら、チラシの安いノートPC(Lenovo ideapad320)は、Office Home & Business Premiumという、Powerpointが含まれていた。
Lenovoは好きじゃないし、Powerpointは、使う用事がないからいいけど。
 今のノートPC(dynabook T552/36F)はwin7で、2020年1月14日にはwin7のサポートが終わる。
購入したノートPC(HP_15-bw000)はWindows10(2015年7月29日にリリース)。
ノートPC(dynabook T552/36F)は、win10にアップグレードできるCDを昔に作っているが、Win10はレイアウトがかなり違うらしいので、ずっとWin7を使っている。

180217_23

 ノートPC(HP_15-bw000)の電源を入れて少し動かしたら、わけが分からなかったけど、一応セットアップが終了したみたいだ。
ノートPC(HP_15-bw000)の動きが遅くて驚いた。Windows10は、Win7とレイアウトが違いすぎて、何がどこにあるのかさっぱり分からない。
Excelを立ち上げようとしたら、「何かに登録して」というメッセージが出たので、何もせずにexcelを終了した。
ノートPCの電源を切るのも、ボタンの場所を少し探したくらい。
これから理解するのが大変だ。

新ノートPC奮闘記(2012年10月)
TOSHIBA dynabook T552/36F PT55236FBFB

NewノートPC購入して、動作が速くなった(2008年10月)
TOSHIBA dynabook satellite T40 213C/5W

| | コメント (0)

«ツイートより(2018/02/17)